具体的に車の下取り金額が下がるとすれば、標準年間走行

具体的に車の下取り金額が下がるとすれば、標準年間走行

具体的に車の下取り金額が下がるとすれば、標準年間走行距離が1万キロを超えている、車体色が悪い、車体になんらかの傷や汚染が見られる、車の装備品が壊れている、車内での喫煙等が挙げられます。

 

 

特に、故障等での修理がなされているかどうかは査定金額への関連が大きいと言えます。