自分とかなり親しい友達が愛車を購入したいと言ってきた

自分とかなり親しい友達が愛車を購入したいと言ってきた

自分とかなり親しい友達が愛車を購入したいと言ってきたときなどは、代金の支払いなどの約束事が曖昧になりやすいですね。

 

愛車を売るのはかなり大きなお金が動いて当然の事柄です。

 

新車値引き交渉 成功への手引き

例えいくら親密な関係の友達であったとしても、じっさいにいくらで車を売るか、支払い方法や期限はどうするか、名義変更はいつまでに行うかなど、大切な項目だけでもきちんと書面にしたためるべきです。

念書に残すのを嫌がる相手では、後からいざこざが起きても仕方がないため、軽い気持ちで車の売買を決めてしまうのは早計です。

買取業者ごとに異なる中古車の査定額ですが、その差は意外と大きいことが知られています。愛着のある車を安く買われてしまっては無念ですから、そうならないよう、一社だけでなくいくつもの業者から見積もりを出してもらうようにします。

ですが、ネット上で依頼して出てきた見積もり額と車を見て業者が実際に出す査定額とは違ってきますので、そこは気を付けておきましょう。

まれに、ネットの見積額は高く出して、相場と比べて相当お安い査定額を出してくるような所謂悪徳業者もいるのが現実です。

 

 

 

車を手放す時の選択肢には、ディーラー下取り、買取と呼ばれるものもあります。

 

 

でも残念ながらディーラーの下取りは、中古の車を買い取る業者にお願いするよりも安い値段になってしまう場合が珍しくありません。

他には、オークションで売るという方法も考えられますが、手数料を損してしまうことも否定出来ないということも知っておく必要があります。

 

車査定を依頼する前に、車体の傷は直しておく方がよいのか気になることですよね。

自分で容易に、直せる程度の小さめの傷であるなら、直した方がよいと思います。

 

でも、自力で直せない大きな傷の場合は、修理を頼まずにそのまま車の査定を受けた方がベターです。

車の査定は問題も起きやすいので、注意を払う必要があります。

金額がオンライン査定とずいぶん違うというケースもよくあります。

トラブルは良くありますから、納得できない時は買取を断りましょう。売買契約後になると取消しが不可能なので、よくご検討ください。

 

 

 

実際に車査定をするときは、多くの業者は走行距離を最初に確認します。

 

査定の中でも、一番重要な査定ポイントは走行距離だと言われています。10万キロを超えた車が、買い取ってもらえるかどうかは車種や年式などによって様々ですが、なかなか困難なことです。でも、欲しい人が常にいる軽自動車やプレミアがついているような車でしたら、高く買い取ってくれる場合もあるそうですよ。もう動かない車がどこの中古買取業者でも売れるとは言い切れません。買取りがかなわない中古車業者もあるでしょうから、用心しましょう。

 

 

 

そうかと思えば、走行不能者や事故車、水没車などの車を、どんどん買い取ってくれるような専門業者も存在するわけです。専門業者に買ってもらえれば、一見価値など無く見える車でも高値で売れるかも知れません。

 

たとえ全く乗っていなかったとしても持っているだけで維持費がかかるのが自動車です。自分の家の周辺にバスや電車等の路線が発達しているなどの理由から、車を持っていなくてもそれ程困難を感じないのならば手放すことで家計がかなりスマートになるでしょう。自動車維持にかかる費用の内訳は、毎年負担をしなければいけない自動車税や保険料、二年に一度支払う車検代、アパートなどなら駐車場代も別にかかるケースがほとんどでしょう。

 

 

 

これらの合計を出すと、1年間で何十万円もかかっているケースもありますから馬鹿にならないのです。

 

下取りで車を引き取ってもらう時には名義変更の書類、手続きが必要となるため、書類をちゃんとそろえとくのが必要です。

 

名義変更の手続きの場合は、自動車検査証と自賠責保険証明書、自動車税納税証明書、印鑑証明書を使います。ほかにも、譲渡証明書に捺印するので実印も必要になってきますので忘れず用意してください。私の愛車は乗り始めて長年経っており、車検期間も残り僅かだったので値段の付く車だとは思えませんでした。

なので、新しい車を買ったディーラーにそのまま無料で引き取ってもらいましたが、その後、引き取りに出した私の車がそこそこ高値で店頭に並んでいるのを目撃しました。

 

 

それなら、私も車買取業者に査定をお願いして買取金額をちゃんと調べておくべきだったと今は後悔するばかりです。

車の査定を申し込んだ場合、費用は掛かるのでしょうか?結論からいうと、お金は無料です。

 

一般的に、車査定でお金を請求してくる業者はないと考えていて良いでしょう。

 

 

 

特に、大手買取業者でお金を取ろうとするところはありません。

 

 

 

しかし、業者によっては、査定の費用を請求してくる場合もあるので、気をつけておいて下さい。

車の買取をお願いしようとして詐欺の被害に遭うこともあるので注意しましょう。他社と比べて高額な査定金額を提示し、契約させておいて、あれやこれやと文句を付けて大幅に減額された金額を改めて持ち出してきます。

 

 

そんな金額では買取には出せないと言うと、既に車は別の場所に移してしまったといい、運送や保管にお金が掛かったからなどと言って支払いを要求してくる手口もあるようです。

また、車の受け渡しを済ませたにも関わらずいつまでたっても代金が振り込まれないという詐欺もあります。

車買取を利用する際の流れといえば、まずWEB上の一括査定サイトを通じて業者を選び、選んだ業者に現物査定を依頼するというのが一般的な流れだといえます。一括査定までは半ば機械的な流れともいえますが、現物査定は担当者と対面してのやりとり、即ち、交渉次第で買取額を上げられる可能性があるのです。

 

 

もう少し時間があるという方は、複数の業者の現物査定を受けた上で、それをもとに価格交渉を行ってもよいでしょう。一般的には、車を査定に出す時、洗車をしておいた方がいいのかというとこれは実は、洗っておくべきという人と、洗わないでおいた方がいい、という人がいます。

 

普通に考えると、査定の人に見てもらうのですから、きれいにしておいた方が、少しは良い結果につながりそうなものですが、そうすると、汚れの下に隠れていた微細な傷まで露わになってしまうわけです。

ところで、その道のプロである査定人は、目利きが確かであるからプロなのです。

 

洗車をしたかどうかに関わらずキズを見落とすかもしれない、などと考えない方が良いでしょう。

 

 

ということであれば、汚れた車を見てもらうより、多少でも印象を良くするために、ある程度、きれいに洗っておくのがいいようです。

 

走行距離数が一定以上の車というのは、買取り業者による査定の際は、走った分だけ減点評価されるのが普通です。

 

 

共通認識として多走行車は5万km以上走った車で、減点対象で安くなってしまいますが、さらにその上をいく過走行車は走行キロ数10万以上で、値段がつけられないと言われることも多いです。

 

しかしまったく売却不能ということをここで書くつもりはありません。

 

そういった車を専門に扱う業者であれば、部分ごとに細かく査定して相応の値段をつけて引き取ってくれます。